コードクオリティは未確定な「アイデア」を 実際に動く「カタチ」にします

コードクオリティは、開発メンバーがクオリティの高いソースコードを共有することで、
開発中の仕様変更だけでなくリリース後の仕様追加にも柔軟に対応できるシステムを提供します。

コードクオリティのコンセプト

どんなマネジメントをしようとも、ソースコードが完成しないとシステムは稼働しない

どんなに優れたプロジェクトマネージャが管理しても、どんなに詳細な設計書を作成しても、ソースコードが完成しないとシステムは動きません。
そのため、コードクオリティではソースコードの品質を追求しています。

拡張していくシステムにおいて、テストは動作保証しているだけで品質保証にならない

一度リリースしたら拡張しないシステムであれば、どんなソースコードであってもテスト項目をクリアすれば品質を担保したといえるでしょう。
しかし拡張していくシステムの場合、拡張のたびに費用や時間が膨大にかかるとしたら、そのシステムの価値は低いと言わざるを得ません。
テストはその時点での動作保証になりますが、テストを強化することが品質を高めることにはならないのです。

社内メンバーで開発を行うことでソースコードをスムーズに引き継ぐ

システムを拡張していく場合、拡張の内容に応じてメンバーの調整が必要になります。その際にソースコードの品質が悪いと引き継ぎがうまくいきません。
ソースコードの品質を維持するために社内メンバーだけで開発を行います。

自社内で開発を行うことで柔軟なメンバー調整を行う

メンバーが客先に常駐してしまうとメンバーの調整が難しくなります。すべての案件を自社内で対応することで、メンバーの割り当てが流動的に行えます。
また、同じ環境で作業することでメンバーが助け合い、成長できるチームを目指します。

※チームメンバー10人(予算としては年間1億円)以下の案件に適しており大規模案件に向かない
要求に応じて費用が変化するのでリリースまでの費用を初期段階で確定したい場合は向かない

INFORMATION

  1. HPをリニューアルしました

  2. プログラムを体験を追加しました

  3. Agile Japan 2016 で登壇してきました

  4. 「おさらい先生」リリース

PAGE TOP